シェアハウス中井とは

「お互い様」の心でシェアする暮らし

シェアハウスとは、
「様々な世代の人たちが支え合って暮らす」場を目指して、高齢者だけでなく学生や障がいのある方など、様々な人々が個室と共有スペースを行き来しながら、プライバシーを守って生活する「社会の縮図」のような生活スタイルです。

 

シェアハウス中井では生活の場としてだけでなく、NPOや医療機関などと連携して心身のケアや介護などを行い、自立した尊厳ある暮らしができるよう多面的に支援しています。

 

◆シェアハウス中井を取り巻くプロジェクトイメージ

  • 高齢者には終の棲家として。
  • 障がいを持っている方には、リハビリセンターや親元から次のステップまでの修養場として。
  • 救護施設や社会的入院の方には、失ってしまった「家」を作る環境として。
  • その他、共にシェアする暮らしを望む方を受け入れる場として。

 

安心のサポート体制

1.見守り・安否確認:元気に生活されているか確認をし、問題などないか見守ります。

2.服薬サポート:薬の飲み忘れや過剰摂取が無いようサポートします。

3.金銭管理サービス:希望者と契約の上、金銭の管理サポートを行います。

4.24時間管理人が常駐:管理室に24時間管理人が常駐し、緊急時には即対応します。

5.医療機関と提携:急病時も提携した医療機関が対応します。

6.各種手続き:支援生活上で必要な手続きの代行や同行サービスを行います。